05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

アメリカの紙おむつ

2011/01/18
子育ての必須アイテム、紙おむつ

日本の物がどうかは知りませんが、アメリカの紙おむつは匂い付きです。
多分ベビーパウダー…?
それだけであれば特に不快な匂いではないのですが、と混ざると非常に不快…。
わざわざおむつに香りをつけなくてもー。そしてつけるならもっとほのかに香る程度がよいのに。
このこともそうですが、シャンプーやリンスを使うたびに思うのはアメリカ人は匂いのセンスがないということ。
ヘアケア剤にキュウリの匂いってどーなのよ

紙おむつ
↑これがアメリカの紙おむつです。
左から順に、Pampers、Luvs、Parent's choiceです。
この他にもHuggiesやSeventh Generationというメーカーの紙おむつもあります。

使い心地としてはやっぱりPampersが一番かな。さわり心地がよくてあまり厚手ではないけどしっかり吸水してくれるので安心して使えます。
次点はParent's choice。これはWalmartでしか見たことがないのだけど、他のおむつに比べて値段が安い
新生児の頃は一日に10枚以上のおむつ替えはざらなので、おむつの値段はかなり重要
Pampersに比べると薄くて若干不安な感じもありますが、とりあえず漏れたことはないので
いまいちだったのがLuvs。胴回りは良いのですが、太もも周りが他の物に比べると若干小さめ。そのため現在急ピッチで成長中のには、買った時点ですでに小さめで、まとめ買いした分を使い切れないままにサイズアウトの予感です
あと2パック分丸々残ってるのにー。

アメリカの大手紙おむつ会社はPampersHuggiesなので、機会があればHuggiesも使ってみたいところです
関連記事
スポンサーサイト
22:25 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。