09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

二人目・妊婦検診①

2013/09/03
5月17日、この日ようやく初診を受けられたのですが、相変わらずそれまでが長かった・・・。

4月末、生理予定日を数日過ぎた時点で妊娠検査薬に陽性反応
病院選びは、以前はDowntownに住んでいたから何も考えずに夫の職場であるHopkinsで診察を受けていましたが、今回は車でも30分かかる距離に住んでいてしかも付き。
検診の間夫に面倒を見てもらうならDowntownのHopkinsが良いけど、毎回検診のたびにそこまで行くのは大変です
特に後期の検診は頻回だし、何よりも駐車場をどうするか考えるのも面倒くさい。
ということで、今回は我が家から15分程のところにあるHpkinsの分院にて検診を受けることにしました。

早速電話予約をしたのですが、最速の予約日が3週間後。
途中経過が悪かったらどうするんでしょう
しかもOB/GYNの予約を取ったけど、最終生理のこととか妊娠の可能性とか何も聞かれず、ちょっとだけ不安を覚える私。(予感的中でしたが

さて、初診当日。
初めて訪れるJohns Hopkins @Green spring station。
途中道に迷いつつ何とか無事に着いたのに、いざOB/GYNに行ったら予約ないよと言われてしまいました
そんなバカな!?とComfirm letterを見せると、それはここではなくすぐそこの別の建物だよと教えてくれます。
ここで初めて、Johns Hopkins Community Physicians - Green Spring StationJohns Hopkins Health Care & Surgery Center at Green Spring Stationは別物だと知る私。。。
同じ敷地内にほぼ同じ名前の病院なんて紛らわしい~!!

気を取り直して本当の目的地に到着。
受付してすぐに看護師さんに呼ばれて診察室へ。

あれ?検尿しないの??

とりあえず看護師さんに身長・体重・血圧を測ってもらい、その後問診。
そしてここでも妊娠の可能性には触れず・・・。

何かがおかしい!!

問診が終わると今度はDrの登場です。
挨拶もそこそこに、第一に聞かれたのは「今日は子宮頸がんの検査ですか?」

って、違います。それもやってもらいたいけども。
妊娠の可能性を伝えようやく意思疎通ができました。
その後の流れですが・・・

検尿

子宮頸がん検査

Drの問診

次回予約

という感じでした。
Hopkins本院とは違い、分院にはそういった設備が無いせいかこの日のうちにウルトラサウンドを撮ってもらうことはできませんでした
最初に間違って行ってしまったJohns Hopkins Health Care & Surgery Center at Green Spring Stationにウルトラサウンドのための予約を取ってねって言われたので、自分でしなきゃいけないらしい
悶々とした3週間を過ごした上に、更にもうしばらく悶々としなきゃいけないのね・・・。
こんなことなら最初からHopkinsに行けば良かったかなーとちょっと後悔です。
一応尿での試験では陽性反応は出ているみたいですけど。
そしてDrの問診では、妊婦用のサプリを摂るようにといわれたけど、処方箋のものだと高いからWalmartとかに売っている市販のものを買うといいわよ、教えていただきました。
確かにOTCだと3か月分で$10、一方市販品は約6か月分で半額以下だったものな・・・。

ということで、次回の検診は4週間後。そしてその前にウルトラサウンドを!
関連記事
スポンサーサイト
13:15 病院関係 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。