07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

New Orleans 1日目①

2012/10/22
10月12日から17日まで、夫の学会でNew Oreansに行ってきました!!

飛行機で直行便だとBWIから3時間弱の距離にあるNew Orleans。
しかしながら、さすがに南部と言うだけあってとにかく暑い!!
もう10月の中旬なのに街中を歩く人々はみんな半そで短パンなどの薄着だし、ソフトクリームを食べている人もいました
日中の気温が80度(摂氏だと26℃ぐらい)ですからね~。
Baltimoreの10月では考えられません。

さて、空港からホテルへの移動手段として私たちはタクシーを使いました。
空港からNew Orleansの街中までは定額制で、大人2人までは$33で行けます
(Airport Shuttleは1人$20なのでちょっとお得)
New Orleans1日目①
とか言って、街の真ん中のホテルが目的地だったのに$49も請求されてしまいました
確かに渋滞もしていたし、荷物も持ってもらったし~と思って払ってしまいましたが、今から考えると定額制だしいくらチップを含めても高すぎ!
きちんと指定されている金額と違うと言えばよかったと反省です。

気を取り直してホテルに荷物を置いた後はNew Orleansの観光スタート
腹ごしらえにと向かったのはNew Orleansといえばこの場所、French Quarterです。

New Orleansはジャズ発祥の地というだけあって、ここFrench Quarterでもジャズを匂わせるものに色々出会うことができます↓
New Orleans1日目②

この日のお昼はこちらのレストランにしました。
New Orleans1日目③

New Orleans1日目④
↑お店の中にはこんな可愛いキャラクターが。。。

New Orleans1日目⑤
↑New Orleansでは生牡蠣もポピュラーらしく、割とどこのお店のメニューにも生牡蠣が載っていました。
Baltimoreで食べる生牡蠣と違って、ここの牡蠣は日本のそれに近い感じ。
夫いわく、マガキとヒラガキの違いだろうとのこと。(Baltimore=ヒラガキ、New Orleans=マガキ)でも全然砂もないし、生臭くもなくて新鮮そのもの
あっという間に完食です

前菜が済んだらお次はメイン!
New Orleans1日目⑥
↑私はジャンバラヤ

New Orleans1日目⑦
↑夫はOyster・Shrimp・CatfishのPo-Boyを注文しました。

New Orleansにはクレオール料理ケイジャン料理という2つの料理スタイルがあり、ケイジャン料理が田舎風フランス料理の元となったアカディア人の料理にルイジアナの土着の食材を適合させたのに対して、クレオール料理は地元の食材をベースとしたより古典的なヨーロッパのスタイルの料理という違いがあります。(By Wikipedia)
ちなみに、ジャンバラヤはケイジャン料理に含まれます。
Po-BoyもNew Orleansでよく見られる料理だけど、これはフランス料理とは関係なくルイジアナ発祥のフランスパンで作るサンドイッチを意味しているみたいです。(夫のは単なるフライの盛り合わせになってますが

おなかもいっぱいになったことだし、午後はFrench Marketを目指してぶらり旅でーす

つづく
関連記事
スポンサーサイト
07:24 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。