07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

楽しくクーポン生活~クーポンの種類~

2012/06/11
我が家に多大なる恩恵を与えてくれているクーポン。
たかがクーポン、されどクーポン
日本にいた時はクーポンってなかなか使う機会がない代物でしたが、ここアメリカは違います!!!
知れば知るほど奥深く、クーポン1枚使うのにだって結構頭を使うんですよー

と言うことで、アメリカで楽しくクーポン生活をする上での基本的なこと等々を書いていきたいと思いま~す

まずはクーポンの種類について。

アメリカにはなんと2種類(同時に使える物、と考えると3種類)あります。
これだけで驚きですよね~。
「他の割引とは併用できません」という日本的なけちくささはありません(笑)

1.Manufacture's Coupon(MFC)
私が定期購読しているSunday paperに折り込まれているのはこの種類のクーポンです。
その名の通り、Manufacture(企業)が発行しているクーポンで、生鮮食品から化粧品、赤ちゃん用のおもちゃのクーポンなんてのもあるほど、このMFCの種類は多岐に渡ります。
ほとんどのお店で利用できます。(Costcoなどは元々の値段が安いからと言うことでMFCは使えないらしいです。)

MFC
↑これがMFC。ちゃんとManufacture's Couponと書いてあります。


2.Store Coupon(SC)
例えばTARGETやSafeway、Shop Riteなどのお店が独自に発行しているクーポンで、発行しているお店でしか使えません。
種類は少なく、お店の会員じゃないと使えない場合がほとんどです。
広告や、HPなどで入手可能。たまにSunday paperのクーポンに混じっていることもあります。
またSCにも厳密に言えば2種類あり、1つは広告に印刷されている紙のクーポン(In-ad Coupon)、もう1つは会員カードに直接ロードするe-Couponというものがあります。
この2つのクーポン、全く同じ物もあれば片方にしかない物もあるので、きちんと調べて使いそびれの無いようにすると更に節約力アップ

SC
↑これはRite AidのSCです。こういうクーポンが広告に印刷されているので、それをチョキチョキ切り取ってお店で使います

3.Saving Star Coupon
これはSaving Starというサイトでロードできるクーポンです。(Saving Starについては改めておしらせしま~す
括りとしてはMFCに近いのですが、ソースが異なるためMFCと同時に使うことが出来ます。
また基本的にはe-Couponと同じようにカードにロードして使うため、お店のe-Couponとは併用できませんが、紙のSCとの併用も可能です。
ちなみに、このクーポンはその場で値引きされるのではなく、$5以上の利用でキャッシュバックがもらえます。

私的には、ちゃんとクーポンがスキャンされているのが分かるという点で、紙タイプのクーポンの方が好きですが、e-Couponもいちいち持ち運ばなくてもいいという利便性はいいですよね~。
まぁ1つの商品に対して3種類もクーポンが揃うことは滅多にないので、通常は1+21+32+3という感じで2種類のクーポンを併用していくことになります。



なかなか情報量が多くなってしまった…。
最初は戸惑うクーポン用語ですが、慣れてしまえばいたって簡単
少しずつ馴染んで行きましょう
関連記事
スポンサーサイト
11:41 クーポン生活 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。