07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

アメリカのパスポートを取得する-申請-

2011/05/23
電話予約から2週間、ようやくパスポートの申請に行ってきました~。
書類に不備があるといけないと、念を入れて書類のチェックを行い、万全の体制でいざ出陣!

USPS① 
↑MetroのShot Tower駅から徒歩2分のところにあるUSPSです。
私が普段行っているHampdenのUSPSに比べると広いし人も少なくていい感じ

USPS②
 
↑ここがパスポート申請窓口。
一番手前の窓口には写真を撮るための背景といすがありました。


まず予約があることを伝え申請書を提出します。
ここでなぜかもう1枚申請書が必要だと言われ、その場で書き込むことに。
HPには何も書いてなかったぞ!!??

次にが米国市民であることを証明する書類、Birth certificateを提出。

続いて両親のIDの提示を求められパスポートを渡します。
コピーを取るよと言うので準備していたパスポートのコピーを渡すと、「Great!」って言われました。
いやいや、元々必要な書類の中にIDのコピーって書いてあるんだよ(- -;)
ここで問題発生
Visaの有効期限が切れてることを指摘されちゃいました。
そうそう、実は私たちのVisaの有効期限は去年の年末までだったんです。
本来Visaはアメリカに入国する際に必要な物で、J-Visaホルダーの場合はDS-2019の有効期限内であれば、たとえVisaの有効期限が切れていたとしても合法的にアメリカに滞在できます。
なので、念のためと持ってきていたDS-2019が大活躍。
夫がDS-2019は更新して有効期限も延びているから大丈夫だと説明したら納得してくれたらしい。
よかった~!!
アメリカでは、同じことをしているはずなのに書類を受け付けてもらえなかったり、手続きに手間取ったりと係の人によって対応が全然違うので、もしも今回当たった受付の人がDS-2019のことを知らなかったらそこで門前払いの可能性もあったのですが、なんとか無事に次のステップに進むことが出来ました

お次は写真。
パスポート用の写真は私が自宅で撮影&印刷した物だったので受け付けてもらえるか心配だったのですが、とくに何も言われることもなく、難なくOK☆かと思いきや、写真は2枚必要らしい
あれー??
HPには「one passport photo」って書いてあったのに
一応アメリカでのパスポート申請について書いてあるブログを見ていて、写真は2枚と書いてあったので、半信半疑ながらも予備でもう1枚写真を持っていたのでここも何とかパス出来ましたが、もはやHPの情報が全然役に立っていません!

必要な書類はとりあえず提出したので、後は申請用紙にサインするだけだ!とルンルン気分の私にさらなるカウンターパンチが!
なんとSocial security cardを出せと言われました。
そんなこと、一言もHPに書いてありませんでしたけどー!!
っていうか、Social security cardは防犯のため持ち歩いちゃダメって言われてるのに、わざわざ持ち歩く分けないでしょー
これは完全に不意打ちで、全く用意していなかったのでこのまま取りに帰るしかないのか…と思われたのですが、

夫「そんなことHPに書いてなかったんだけど!」

係「じゃあ、もしもOfficeから要請があったらコピーを提出して」

でSScardを提出しなくてもOKになりました
だったら何のために提出を求めたんだ!!
彼らの言ってることは半分くらいが適当(自分の思い込みで物事を進めているから)なんだってことがよーーーーくわかります

SScardの問題を何とか解決(?)して、やっと申請用紙にサインする場面までたどり着きました。
係の人に言われるがままに右手を挙げて、申請用紙の内容に誤りがないか聞かれるので「Yes」と答えてサインを書けば終了です。
私は最初、「raise right hand」が聞き取れず、「write hand」って言われてるんだと思って何を書くのか聞きそうになりました。しかもその後手を挙げろって言われたのはわかったけどうっかり左手を挙げちゃうし(これは左利きの癖だから仕方ない)…。
別に宣誓するだけなら左手でも右手でもいいんじゃないの?って思ってしまう

最後にParsonal checkで手数料(パスポート申請料金が$80、USPSに対しての手数料が$25別々のCheckに書きます)を支払います。

今回提出したBirth certificateは2週間ほどで返送されるとのこと。
パスポート自体は4週間ぐらいで届くようです。
SScardが本当に必要だったのかどうか定かではありませんが、無事申請は終了しました。
あとはパスポートが届くのを待つだけです


米国パスポートが出来るまで
関連記事
スポンサーサイト
15:31 手続き | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。