07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Birth certificateの取得②

2011/03/10
今回はBirth certificateの取得方法について書きたいと思います!
Birth certificateは郵送かオフィスに行くかどちらかの方法で取得できます。

用意するもの
①申請用紙
これはVital Statistics AdministrationのHPからダウンロードできます。
また直接オフィスに行く場合はそこにも用意されています。

②政府発行の身分証明書
パスポートや運転免許証、State IDなどで有効期限が記されているもの。
もしも上記のものが用意できない場合は銀行の明細書、賃貸契約書、
ガス・水道・電気代の明細書(住所の記載があるもの)などを2つ用意すればよいそうです。
 まぁアメリカに来ている日本人は普通パスポートがあるのであまり関係ないですが。

③発行手数料
Marylandでは1通のBirth certificateにつき$12(2014年現在1通につき$24)かかります。
他の州では2通目からは安いところもあるようですがMarylandは違いましたー。残念
支払い方法は現金、Check、Money orderのみでカードの使用は不可となっています。

ちなみに、Commemorative Birth Certificateなるものがありまして、
これはBirth certificateの記念バージョンなのですが、こちらの手数料は$30となっています。
しかもそのうちの$15は税金みたいです。高ー
こちらも2014年現在1通につき$50と大幅な値上げがされていました。

④返信用封筒
これは郵送でBirth certificateを申請する場合にしか必要ありません。
Legal sizeの封筒に住所、切手を貼り付けて同封して送りましょう。

また、VitalChekという非政府機関に依頼してオンライン申請も出来ます。
もちろん手数料もかかりますが…
詳しくはVitalCheckのHPをみてみてください。

宛先
The Division of Vital Records
P.O. box 68760, Baltimore, MD 21215-0036



オフィスの場所についてはコチラ→Birth certificateの取得①
ちなみに、私たちが行ったのはDivision of vital recordsのオフィスですが、地元のHealth departmentでもBirth certificateの申請が出来ます(ただし、Montgomery County、Baltimore City、Baltimore Countyは除く)。
関連記事
スポンサーサイト
22:59 手続き | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。