09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

図書館の延滞料金

2013/10/31
我が家から車で5分程のところにあるBaltimore County Public Library(BCPL)。
意外とが本を読むのが好きだったり、Story timeに参加したりと毎週1度は欠かさず行っていたのですが、ここ最近忙しくてすっかりご無沙汰。
そして前回図書館に行った時に借りていた本のことを久しぶりに思い出しHPでチェックしたところ、なななんと返却日を過ぎていることが発覚

BCPLのHPで、ログインしてMy Accountから借りている本やDVDを調べることが出来ます。
今回私が借りているもの達↓
Overdue①

Due Dateが赤字になっているのは延滞しているためです・・・

更に、Estimate Overdue Finesをクリックすると延滞料金を調べることも出来ます↓
Overdue②

本に関しては、1日ごとに$0.25が加算されて最大$8までチャージされるようです。
DVDやゲームの場合はまた料金設定が違います。

ということで、今回の延滞料金は合計で$2。
たかが$2、されど$2
Schilasticの本なら安いもので1冊$1から新品が買えるのにー!!
以後気をつけます・・・。

ちなみに、既に図書館が閉まっている時間に本を返しに行っても、返却手続きは翌日扱いとなるので1日分余分にチャージされます。
でもOnlineで延長手続きをとるとその日の分までの延滞料で済むのですよー

本の延長もしたし、さっさと返却に行ってお金を払わなければ
ざっと調べた感じだとOnlineでも支払い可能だけど、その場合手数料が発生するみたいなので図書館に行って支払いたいと思います
みなさんも、Overdueには注意してくださ~い
スポンサーサイト
17:57 日常生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

二人目・妊婦検診②

2013/10/15
前回の検診から4週間、11週の時に2回目の妊婦検診がありました。

検診内容
・検尿
・体重&血圧測定
・ドップラーによる心音確認(ここまではナースのお仕事)
・ドクターによる問診


というごくごく普通の流れだったのですが、今回もトラブル発生
アメリカではウルトラサウンド(エコー)は普段の検診ではとってもらえず、胎児の様子が分かるのはドップラーによる心音確認のみ。
まぁの時も同じぐらいの時期にドップラーで心音が拾えていたので気楽に構えていたら・・・。


なんと、ナースから心音が拾えないと言われました
その場で音を聞いている私にもそれは分かりました。
聞こえてくるのは私の鼓動の音のみ。
ど、どうしよう・・・。
この後ドクターの問診があるから、ドクターにドップラーをやってもらいましょう、ドクターの方が上手だから。とナースが言ってくれますが、の時はこんなことはなかっただけに嫌~な汗が出てきます。

そしてドクター登場。
一通り問診をして再度ドップラーに挑戦。
が、やはり胎児の心音は聞こえません。
今度はナースと二人がかりで頑張ってくれましたがそれでも心音は拾えませんでした・・・。

ドクターから、とにかく再びウルトラサウンドをとってくるよう指示がありました。
多分急を要することだと判断したのか、普通だったら1週間以上待つはずのウルトラサウンドの予約をその日の午後に取ってくれ、待ち時間が長いのでいったん家に帰ることにした私達。


そして再び病院へ。
今回のウルトラサウンドは前回と違い放射線科にて行われ、待合室と検査室が全く別の場所という物々しさ。
事前に子供は連れて行けないからと言われていたのですがこれなら納得です。
は夫に任せて一人で臨んだ検査でしたが、結果としては胎児に特に問題はなく大きさも週数通りだし元気に動いているとのことでした。

はーーーーー。
今回の妊娠で(いや、前回も併せても)一番ほっとした瞬間でした。
アメリカでは基本胎児の心拍確認はドップラーのみで行われるため、比較的週数の浅い時期はたまに心拍が拾えないということがある、というのを後々調べて知りました。
にしても、本当に何もなくてよかった~
夫には仕事を早々に切り上げてきてもらって何も無くて徒労に終わったけれど、まだ小さい時期の胎児の動きを観察できたからよしとしよう

そして赤ちゃんも元気だということが分かったので、次回の検診を自力で予約することになりました(めんどくさー)
ちょっとした手違いで次回の検診は5週間後の予約となりました。
06:06 病院関係 | コメント(0) | トラックバック(0)

Broilを使って魚料理

2013/10/12
最近我が家の食卓に魚が登場する回数が増えました。
というのも、美味しく魚を焼く方法を発見したからです

今までは秋刀魚もフライパンで頑張って焼いていましたが、生焼けが気になるので蓋をして蒸し焼き仕上げにしていました。
それはそれでまぁ美味しいのですが、でもやっぱりちゃんとグリルで焼いたものと比べると全然違います。

私が見つけた魚を美味しく焼く方法、それはオーブンを使うこと
でも、普段お菓子などを焼く時に使う場所を使うんじゃないんですよ~。
↓ここ、オーブンの最下段です。
Broil①

Broil②
↑こうやって引き出せるの、ご存知でしたか?
私は知ってはいたものの、どういった目的で使うのか分からずこの4年間使わずじまいでした。
トレイがあるので、水を張って上のオーブンを使っている時に蒸す状態に出来るのかな、と思ってました。

正解は↓こんな感じにトレイの上に肉なり魚なりを置いて焼く、でした。
Broil④
日本のグリルと同じように下のトレイには水を張っています。

火加減はBroilです。
Broil③
↑これは我が家の温度調節のダイヤルですが、たいてい温度を振り切った一番最後のところがBroilになっているはず・・・。

アメリカのオーブンは上段と下段の境目部分が着火するようになっていて、上段はその火を使って庫内を温める、下段は直接その火にさらされるので、日本のグリルと同じようにで調理できるという仕組みです

Broil⑤
↑これはBroilで15分ほど魚を焼いたところ。
ご家庭のオーブンによって癖が違うと思いますが、我が家の場合は手前側よりも奥側が火力が強い模様です。

ひっくり返して更に焼いて、ようやく出来上がり~
Broil⑥
見た目もVery good

難点ははBroilは温度調節が出来ないことと外から焼け加減を見ることが出来ないこと。
脂の乗った魚やチキンなど、ちょっと目を離すと焦げてしまったりするので注意が必要です。
でも30分ほどで美味しい焼き魚が出来るのは本当に魅力的
アメリカでの食の幅が広がりました(笑)
20:06 料理 | コメント(0) | トラックバック(0)

和菓子が食べたい!!

2013/10/09
最近やたらと甘いものが食べたくなります。
かといって、アメリカ流の砂糖じゃりじゃりクッキーやケーキは嫌なので、必然的に手作りすることに。。。

今日は思い立って黒糖まんじゅうを作ってみました
まんじゅう①
若干形がいびつだけど、初めて作ったにしては上出来上出来

まんじゅう②
中身はサツマイモ餡にしてみました。
まんじゅうの成形、中身の餡などまだまだ改善の余地ありかな

ハロウィンにちなんでカボチャ餡も面白いかもと思う午後の一時でした。
18:42 料理 | コメント(0) | トラックバック(0)

Renaissance Festival @Annapolis

2013/10/08
先週末の日曜日は、夫がラボの同僚から教えてもらったというRenaissance Festivalに行ってきました☆

その名の通り、ルネッサンス期の古き中世の様子を再現するお祭りで、会場にはベルサイユのバラか!?を見紛う程の張り切った衣装を着ている人や騎士に扮している人など、中世のコスチュームを身にまとっている人が沢山いました
Marylandでの初開催は1977年、30年以上も続いているお祭りなんですねー。
開催期間は8月の終わりから10月いっぱいまでと長く、その間の来場者は30万人になるとか!!
State Fairとは比べ物にならないくらいの大規模なお祭りです。

↓こちらが入場ゲート。
Renaissance Festival①
中世というだけあって、城壁構えとなっています。

Renaissance Festival②
↑チケット。入場料は大人1人$22とお高め・・・

会場に入るといたるところで色々なイベントが開催されています。
↓例えばこんな人がいたり。
Renaissance Festival③
この人は語り手のような感じで、お客さんを交えてルネッサンス期の歴史をざっくりと説明してくれました。
子供達は物語の役者さんです。
この他バンドの生演奏があったり、ジャグリング講座があったりと内容は盛りだくさん。
会場内にはなんとステージが10個もあるらしいです。
Renaissance Festival⑦
↑これもステージの1つです。


とりあえず内部をうろうろして見つけたのは木製の滑り台(1回$1)↓
Renaissance Festival④
滑り台に目がないは夫とこちらに挑戦。夫いわく、「超怖かった」らしい・・・(笑)
というのもこの滑り台、結構な勾配がありつつ周りはむき出し、しかも途中にはスピードをいなす為のバンプのようなものがあるため、麻の布に乗っている彼らはバンプの度に宙に浮いたらしいのです。
途中で見たお姉さんが叫んでいたのもうなずけます
は再度挑戦したいくらいに楽しんだようなのでまぁ良かったのですが。

そして、小さい子供向けの広場もありました。
写真は撮り忘れましたが、ブランコに(普通の)滑り台、海賊船のジムなど、他の子に混じっても思う存分動き回っていました。
その広場のすぐ隣にあったステージがこちら↓
Renaissance Festival⑤
ほったて小屋・・・?

いえいえ、時間になるとちゃんと出し物をしてくれます。
Renaissance Festival⑥
子供エリアということで、小さい子向けのStory timeがありました。

会場内には勿論フードエリアがあります。
Renaissance Festivalだからといって売られているものは普通のアメリカのお祭りとそう変わりませんが、割と種類は豊富だという印象でした。
オイスターバーもあって生牡蠣も食べられます

Renaissance Festivalは今月末までの開催となります。
興味のある方は是非是非足を運んでみてください~

Renaissance Festival
1821 Crownsville Road, Annapolis, MD 21401
大人$22、子供(7~15才)$10
この他2 Day PassやSeason Passなんていうのも購入可能です。
※会場内では現金しか使えないので事前に現金を用意しておくのがおススメです。
会場内にはATMもありますが、長い列が出来てました~
16:45 イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。