12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Metroについて

2012/01/26
Marylandのもう1つの公共機関のご紹介です。

↓The Metroで~す
メトロ①
北はOwings Millsから南はJohns Hopkins Hospitalまで行くことが出来ます
Baltimoreに来た当初Metroは危ないよ~と言われたため、なるべく利用しないように心がけていたのですが、楓のBirth certificateを取りに行く時に初めて利用してみて、案外使い心地が良かったため、昼間限定で使っても良いことにしようと方針変更(笑)(バスは時間通りに来ない、走行中非常に揺れる)
もちろん、Lexington Marketなどのあまり治安の良くない地域を走っているため昼間でも注意は怠りませんが。

メトロ②
↑Metroのホームはこのようになっています。

メトロ③
↑この壁画がなんとも言えない~
どうせ書くならもっと可愛い絵にしてくれたら良かったのに…。
ホームは意外と明るい感じがしますが、これもその駅に寄りけりかな。
NYのMetroと同様に、なるべく人の多い場所、明るい場所で電車を待ちましょう!

Metroの時刻表&マップはコチラから~☆
スポンサーサイト
15:22 交通事情 | コメント(3) | トラックバック(0)

Driver's license取得への道~書類集め②~

2012/01/23
アメリカで免許を取るためにはSSN(Social security number)を提示する必要があるのですが、J2ビザの場合はSSNをもらうことが出来ません。(就労許可を取れば別だけど…)
MVAのHPによると、SSNがない人は"proof of ineligibility for a SSN"を用意しなければいけないとのことで、Social Security OfficeでDenial Letterを発行してもらってきました。
またまたこれが原因で書類の出直しをくらうことになるのだけど…。

Officeに入ったら、まず番号札を発行して名前を呼ばれるまでひたすら待ちます。
順番が来たら受付に、「Denial Letterをちょうだい」と言えばその場で発行してくれます。
このレターには自分の名前&住所が記載されるので、パスポートなどの身分証明書、住所が分かる書類、あとはビザステータスが分かる書類(DS-2019など)も持って行くと良いと思います。

ここで注意!
私の場合は、なのですが、このときDenial Letterとは異なる書類を発行されてしまいました(後日書きますがMVAで発覚ました)。
ネットでよくよく調べてみると、少数ではあるものの同じようにDenial Letterでトラブっている人がいることがわかりました。
原因はDenial Letterの存在を知らないOfficerがいるため。
なんじゃそりゃヾ(。`Д´。)ノ
こういう書類が必要だよとHPに書いておきながら、その存在すら知らない人がいるというこの体たらくに呆れざるを得ません。
車社会のアメリカで免許取得は必須項目なのに、もうちょっとお互いの連携をしっかりしてくれ!
まぁ希なケースかもしれませんがこういうこともあるということで、書類を発行してもらったらその場で確認することを強くお勧めします。

参考までに、私が発行してもらった書類はこちらです↓
Denial Letter①

ぱっと見は正規のDenial Letterと似ているのですが、赤線部を見ると確かにちょっと違う…。
Denial Letter②
太字で「このレターはSSNを持てない証拠にはなりません」って書いてあります。
Denial Letterがほしいって言ってるのにこれじゃ意味ないじゃん・・・┐( -"-)┌


まさかこんな書類のせいで20歳も過ぎて泣くことになるとは露とも知らず、ほとんど書類が揃ったとうきうき気分の私はSocial Security Officeを後にするのでした。あ~ぁ。



最寄りのSocial Security Officeをココから探せま~す。

Driver's license取得への道~概要~
Driver's license取得への道~3-Hour Alcohol and Drug Education~
Driver's license取得への道~書類集め①~
11:31 手続き・役所事 | コメント(0) | トラックバック(0)

Old Navyでお買い物

2012/01/22
Old Navyで、クリアランスの商品が更に50%offになるという情報を仕入れたので、早速夫と買い物に行ってきました~☆
自分の洋服を買うなんていつぶり??半年ぶりぐらい?

最寄りのOld Navyは車で10分ほどの所にあるLutherville Station Shopping Plazaの中にあります。
CVSに買い物に行くときに横を通るぐらいで実は1度も訪れたことがないのですが、他にもKohl'sやMichel'sもあるので、もう少し時間のあるときにゆっくり来るのもありかも

ということで、今回の戦利品↓
戦利品①
洋服+手袋、合計10点買って$52、そこへ$50以上の買い物で$10offになるクーポンを合わせたので$40ちょいのお会計となりました~
50%引き様々です。
ついでに$20以上買い物をしたということで、次回$10offになるクーポンももらえました。

でも家に帰って試着していたらカーディガンに穴が開いていることに気づいてしまいました…
明日Refundしてもらいに行かねばー。
17:16 日常生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

Driver's license取得への道~書類集め①~

2012/01/21
3-Hour Alcohol and Drug Educationを無事に終えた私が次に取りかかったのは、免許の翻訳です。

国際免許があればそれで事足りるのですが、我が家は一応車を持つ予定がなかったため私は国際免許を作ってこなかったのです。
MVAのHPには免許の翻訳を行う TranslatorはMVA認定の人じゃないとダメと書いてあったのですが、ネットで調べる限り日本大使館が発行してくれる免許の翻訳で大丈夫そうだし、実際に夫もそれでOKだったので何の疑いもせずに私も免許の翻訳を申し込みました。
実は後々これが原因で書類の出直しをさせされるんですけど…。

申請方法は、直接大使館に行って申し込むかFAX/郵送による仮申請の2通りですが、赤子連れで何度もWashingtonまで行ってられないので当然のごとく仮申請をすることにしました。


運転免許抜粋証明の仮申請方法
1.申請書、日本の免許の裏表面のコピー、パスポートのコピーを大使館宛にFAX/郵送する。
2.大使館に電話して受け取りの日を確認する。
3.免許証、パスポート、申請用紙原本(FAX申請の場合のみ)をもって大使館に行く。


なんとまぁ簡単なんでしょ~。
しかも申請して数日で免許の翻訳を発行してくれました
アメリカのお役所も、このぐらいスピーディーに仕事してくれたらいいのになぁー!!!!
あ、手数料は$24現金(もしくはマネーオーダー)のみの受付となっております。

詳しくは日本大使館のHPを参考にしてください☆


残すところ集めなければならない書類はSSNのDenial Letterのみ!
これは近場のSocial Security Officeに行ってもらえるはずなので楽ちんよ~

Driver's license取得への道~概要~
Driver's license取得への道~3-Hour Alcohol and Drug Education~
12:32 手続き・役所事 | コメント(0) | トラックバック(0)

6ヶ月検診

2012/01/20
12ヶ月検診と前後してしまうのですが、備忘録のために6ヶ月検診のことを書いておきます。


今回の検診は久々に夫がついてきてくれました☆
この日の検診ではちょっと聞きたいことが色々あり、私一人では不安だったので助かりました。


検診内容
・身長&体重測定
・検温
・ドクターによる検診
・予防接種


6ヶ月のの体重は6250kg、身長は64.2cmでした。
今回初めて体重に関してドクターに一言、「もう少し太ってもいいかなー」と言われちゃった…orz
一応「離乳食の量が増えてくれば自然に体重も増えるだろうから心配しなくても平気かな」と言い加えてくれたんですけどね。

ドクターへの質問
1.少し前に肌に発疹ができた。マッシュドポテト食べさせた後にできたような気がするのだが…
――ジャガイモが原因とは考えにくい。
  おそらく汗などによるかぶれと思われるので、お風呂でよく洗って清潔にしてください。

2.次回の検診(9ヶ月目)の時にもしかしたら一時帰国している可能性が…
――とりあえず検診の予約をして、来れないようだったらキャンセルしてくれればOK


そして今回の検診も大量の予防接種がありましたよ~
今回摂取したのは

・DaPT(ジフテリア・百日せき・破傷風混合ワクチン) 3回目
・IPV(不活化ポリオワクチン) 3回目
・Hib(B型インフルエンザ菌ワクチン) 3回目
・PCV(肺炎球菌ワクチン) 3回目
・Ratateq(ロタウイルスワクチン) 3回目
・Hep B(B型肝炎ウイルスワクチン) 3回目


毎度毎度のことながら1度に沢山の注射をされる姿を見ると、出来れば代わってあげたい~と思ってしまいます。
でも、当の本人は意外とあっさりしていて、注射をされた瞬間は痛くて泣きますが、針が抜けてしまえば痛くないのかすぐに泣き止んでしまいます。
看護婦さんも驚くぐらい泣き止むのが早くて、私としてはあやす手間がなくて大助かりなんですが

大量予防接種も、とりあえず6ヶ月で一段落。
9ヶ月検診では予防接種はなく、12ヶ月検診の時にまた予防接種を受けることになるそうです。
確かに検診も今までは2ヶ月おきだったけど、これからは3ヶ月おきになるのし、病院に行く頻度が減って少しは楽になるかな~
10:41 検診 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。