04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

拾い物-1-

2011/05/30
アメリカではちょうど今が卒業シーズンと言うこともあって、この3連休(30日がMemorial Dayで休み)はアパート内で引っ越ししている人を沢山見かけます。
ここでアメリカと日本の違いが1つ。
日本なら大きなゴミは粗大ゴミとして、市の清掃センターなどに直接捨てに行くか引き取りに来てもらうなどしなくてはなりませんが、アメリカには「粗大ゴミ」の概念はなく、リサイクルゴミが普通のゴミかで分類するので、ソファーやベッド、イスなどの家具でも平気でゴミ捨て場に捨てていきます

私の住むアパートでは、普段の生活で出るゴミはTrash roomに入れておけば係の人が回収してくれるのですが、Trash roomに収まりきらないような大きな物の場合、エレベーター前に置いておくきまりになっています。
moving①
↑私たちの部屋の階のエレベーター前の様子です。
こんな感じに大型の不要品が置かれています。
そうすると、同じように係の人が所定のゴミ捨て場に持って行ってくれます

で、ここからが本題なのですが、このエレベーター前の不要品、よーく見ると結構使える物まで置いてあることが多いのです。
引っ越しで持って行くよりも新たに購入した方がいいというのがアメリカンな考え方なのでしょう。
ちなみに私は日本人なので、そういう物を見ると非常に勿体ない!!と思ってしまいます。
そこで拾ってきた物がこれ↓
拾い物①
二人がけのソファー
今のところなかなか活用の機会がない(うちが狭いため)のですが、そのうちきっと使用する日が訪れる(予定)ので大丈夫

日本だったら捨ててある物を拾ってくるなんてこと、きっとしないと思うけど、アメリカだし帰国するまでの一時しか使わないのでこういう節約もいいかなーと思って楽しんでいます
スポンサーサイト
13:29 たろう的節約生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

アメリカのパスポートを取得する-申請-

2011/05/23
電話予約から2週間、ようやくパスポートの申請に行ってきました~。
書類に不備があるといけないと、念を入れて書類のチェックを行い、万全の体制でいざ出陣!

USPS① 
↑MetroのShot Tower駅から徒歩2分のところにあるUSPSです。
私が普段行っているHampdenのUSPSに比べると広いし人も少なくていい感じ

USPS②
 
↑ここがパスポート申請窓口。
一番手前の窓口には写真を撮るための背景といすがありました。


まず予約があることを伝え申請書を提出します。
ここでなぜかもう1枚申請書が必要だと言われ、その場で書き込むことに。
HPには何も書いてなかったぞ!!??

次にが米国市民であることを証明する書類、Birth certificateを提出。

続いて両親のIDの提示を求められパスポートを渡します。
コピーを取るよと言うので準備していたパスポートのコピーを渡すと、「Great!」って言われました。
いやいや、元々必要な書類の中にIDのコピーって書いてあるんだよ(- -;)
ここで問題発生
Visaの有効期限が切れてることを指摘されちゃいました。
そうそう、実は私たちのVisaの有効期限は去年の年末までだったんです。
本来Visaはアメリカに入国する際に必要な物で、J-Visaホルダーの場合はDS-2019の有効期限内であれば、たとえVisaの有効期限が切れていたとしても合法的にアメリカに滞在できます。
なので、念のためと持ってきていたDS-2019が大活躍。
夫がDS-2019は更新して有効期限も延びているから大丈夫だと説明したら納得してくれたらしい。
よかった~!!
アメリカでは、同じことをしているはずなのに書類を受け付けてもらえなかったり、手続きに手間取ったりと係の人によって対応が全然違うので、もしも今回当たった受付の人がDS-2019のことを知らなかったらそこで門前払いの可能性もあったのですが、なんとか無事に次のステップに進むことが出来ました

お次は写真。
パスポート用の写真は私が自宅で撮影&印刷した物だったので受け付けてもらえるか心配だったのですが、とくに何も言われることもなく、難なくOK☆かと思いきや、写真は2枚必要らしい
あれー??
HPには「one passport photo」って書いてあったのに
一応アメリカでのパスポート申請について書いてあるブログを見ていて、写真は2枚と書いてあったので、半信半疑ながらも予備でもう1枚写真を持っていたのでここも何とかパス出来ましたが、もはやHPの情報が全然役に立っていません!

必要な書類はとりあえず提出したので、後は申請用紙にサインするだけだ!とルンルン気分の私にさらなるカウンターパンチが!
なんとSocial security cardを出せと言われました。
そんなこと、一言もHPに書いてありませんでしたけどー!!
っていうか、Social security cardは防犯のため持ち歩いちゃダメって言われてるのに、わざわざ持ち歩く分けないでしょー
これは完全に不意打ちで、全く用意していなかったのでこのまま取りに帰るしかないのか…と思われたのですが、

夫「そんなことHPに書いてなかったんだけど!」

係「じゃあ、もしもOfficeから要請があったらコピーを提出して」

でSScardを提出しなくてもOKになりました
だったら何のために提出を求めたんだ!!
彼らの言ってることは半分くらいが適当(自分の思い込みで物事を進めているから)なんだってことがよーーーーくわかります

SScardの問題を何とか解決(?)して、やっと申請用紙にサインする場面までたどり着きました。
係の人に言われるがままに右手を挙げて、申請用紙の内容に誤りがないか聞かれるので「Yes」と答えてサインを書けば終了です。
私は最初、「raise right hand」が聞き取れず、「write hand」って言われてるんだと思って何を書くのか聞きそうになりました。しかもその後手を挙げろって言われたのはわかったけどうっかり左手を挙げちゃうし(これは左利きの癖だから仕方ない)…。
別に宣誓するだけなら左手でも右手でもいいんじゃないの?って思ってしまう

最後にParsonal checkで手数料(パスポート申請料金が$80、USPSに対しての手数料が$25別々のCheckに書きます)を支払います。

今回提出したBirth certificateは2週間ほどで返送されるとのこと。
パスポート自体は4週間ぐらいで届くようです。
SScardが本当に必要だったのかどうか定かではありませんが、無事申請は終了しました。
あとはパスポートが届くのを待つだけです


米国パスポートが出来るまで
15:31 手続き | コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカのパスポートを取得する-電話予約-

2011/05/12
パスポート作成に必要な書類が集まったので、今度は予約をすることに。
アメリカのパスポートはなぜか郵便局で申請します。
なので、我が家から一番近場の郵便局に電話してみました~。

が…
なぜかそこでは今パスポートの受付はやっていない、別の支店に電話しろと言われてしまいました∑q|゚Д゚|p
HPにはPassport apprication servicesって書いてあるのにー!!
さすがアメリカ。
電話でしか予約が出来ないとわかったときから、一筋縄でいくとは思っていなかったので、気を取り直して教えてもらった別の支店に電話しました。

が…
今度は電話にすら出ませんでした
お昼休みに入ってしまったのかもと思って(いや、ちゃんと時間も確認してオフィスの休み時間は外して電話したんですよ)午後にかけ直すも出ず。
その後3回ほどかけても結局出ず

「はぁぁぁぁーーーー(-Ⅱ-;)」と思いつつ、この日は諦めて翌日に電話することに。

翌日、今日こそはと意気込んで電話。
すると、この日はすんなりと係の人が出た~
カンペを見ながら土曜日に予約がしたいんだと言うと、パスポートの受付は月曜から金曜日しかやっていません、と言われる。

HPには土曜日もやってるって書いてあるのにーーー!!!!!
どんだけいい加減な情報をHPに載せればきがすむんだー(▼皿▼メ;)

アメリカのパスポート申請は、未成年の場合、保護者がそろって行く必要があり平日は夫が忙しいので土曜日に行きたかったのに…
土曜日がダメとなると後は夫の都合に合わせるしかないので、いったん電話を切り体勢を立て直すことにしました。

夫と連絡を取り、金曜日の早い時間なら大丈夫とのことだったのですが、さっきまで電話をかけていた郵便局は私たちのアパートから近い場所にあり、夫の職場からはかなり離れているので、もう少しDowntownに近い郵便局を探して、再度電話をかけてみました。

今度電話をかけた郵便局はBaltimore cityの中で一番大きな支店であることもあり電話もすぐに出てくれたのですが、来る人が多いせいか空いている日が翌々週の水曜日以降しかないとのこと。
しかも金曜日は空いているけど11時からの予約になってしまうらしい…。
11時って早い時間に当たるのかしら??ともう一度夫に確認を取り、まぁなんとかなるでしょうというので、再々度電話をかけたのですが、今度電話に出た人はパスポートの受付は別の電話番号にかけてくれというではないですか!
さっき電話かけたときはそのまま内線を回して取り次いでくれたんですけどー。
仕方がないので教えてもらった番号に電話したものの、やはり出ない((o(>皿<)o))

もうらちがあかないので最初の番号にかけ直すと、今度はすんなりと予約を取ってくれました
どうして同じ番号にかけているのに、こうも相手によって対応が違うのか理解しかねます、本当に。
予約の際に聞かれたことは、申請者の名前、連絡先、あとは両親がそろって来るかどうかでした。
こんな簡単なことをするだけなのに、疲労感が半端ないです

まぁ無事に予約が取れたので、後は郵便局に行くだけ
何事もなくすんなり終わりますように…。

米国パスポートが出来るまで

09:17 手続き | コメント(2) | トラックバック(0)

四ヶ月検診

2011/05/11
四ヶ月検診のことを書こうと思いつつすっかり忘れて、気がついたら5月に突入して、日本ではすでにゴールデンウィークすら終わっているというこの状況。
いやー、赤子がいると本当に時間が経つのが早いですなー(言い訳)

とりあえず自分自身の備忘録として検診のことを書いておきたいと思います!



今回の検診も私との二人きり。
私は相変わらず英語はしゃべれませんが、聞かれることもだいたい同じだしこちらからの質問は前もって英語に訳したメモを持って行けばどうにかなるので、半分開き直って行くことにしました

検診内容
・身長&体重測定
・検温
・血圧測定
・ドクターによる検診
・予防接種


前回の体重は4700g、今回は5600gと前回と同じように1kg弱の増加となりましたが、前回は1ヶ月で1kgだったのに今回は2ヶ月で1kg…。
成長曲線も下限ギリギリだし、このまま行くと-2SD間違いなしです
身長は61.6cmと順調なんですけどねー。
まぁドクターも何も言ってこないので気にしない気にしない

ドクターに聞かれたことは、母乳かミルクか、授乳時間、授乳回数、寝返りは出来るようになったか、前回の予防接種後変わったことはなかったか、などでした。
は予防接種の後熱が出て機嫌が悪かったのでその旨を報告したところ、そのぐらいの発熱ならば問題ないとのこと。

ドクターへの質問
1.手に炎症が出来ているためステロイド剤を塗布しているが、娘に影響はあるか
 ――直接子供につけなければ問題ない。


そして今回の検診も大量の予防接種がありましたよ~
今回摂取したのは

・DaPT(ジフテリア・百日せき・破傷風混合ワクチン) 2回目
・IPV(不活化ポリオワクチン) 2回目
・Hib(B型インフルエンザ菌ワクチン) 2回目
・PCV(肺炎球菌ワクチン) 2回目
・Ratateq(ロタウイルスワクチン) 2回目


またの足が穴だらけに…

そういえば、今回は離乳食についてのお話もされました
6ヶ月前後野菜などから始めて、新しい食材は1週間に1つずつつ増やしていくこと、またお米やオートミールも開始して良いとのことです。
オートミールってところがアメリカっぽいですよね


次回の検診は2ヶ月空いてが6ヶ月になった時です。
その頃には離乳食も開始していることだろうなぁと思います。
08:23 検診 | コメント(0) | トラックバック(0)

Driver's license取得への道~Ver.夫~

2011/05/10
アメリカに来て早1年半。
未だに移動手段はMTAかHopkinsのシャトルという我が家ですが、最近やっと運転免許を取ろうという動きが出てきました
本当はが生まれる前に夫だけでも免許を取ろうとドラッグアルコールテストを受けてもらったのですが、その後なかなか学科試験を受けに行く暇がなく、最近までずるずると来てしまったのです。
が、さすがに最近私一人でを連れて買い物に出かける事に限界を感じ、さらにそのことで引きこもりになって鬱々とするようになってしまったので、面倒くさがる夫の尻をたたき、とうとう学科試験を受けてもらうことに成功しました~☆

私たちが今回行ったのはMondawminにあるMVAです
昔々、私たちがまだ渡米して間もない頃に一度だけ訪れたことのあるMondawmin Mall。
あの時はどうしてもダウニーボールがほしくて、なるべく近くにあるTARGETに行こうとgoogleで調べて、夫と二人で初めてMTAに乗って行ったなぁ…。懐かしすぎる!!


mondawmin② 
↑MVAの営業時間に合わせて早めの時間に行ったので人はまだまばらです。
こうしてみると、先週行ったOwings millsのモールよりもこちらの方がお店も充実しているし、なんだか雰囲気が良いなぁと感じます。
ここMondawminも人によってはあまり治安は良くないよ!と言うのですが…。

mondawmin③
↑一年ぶりののTARGET!あの時はお世話になりました~

と、当初の目的を忘れるところでした
TARGETを通り過ぎ、さらに駐車場の奥の方まで進むと遠くの方に見えてくる小さな建物。
MVA@mondawmin① 
MVA@mondawmin② 
おお!MVAのDowntown支店、やっと見つけました(実は迷ってPoliceに道を聞いた)
MVAとはMotor Vehicle Administrationの略なんですね~。

↓MVAの中はこのような感じで、待合用のいすが沢山あります。
MVA@mondawmin③ 

↓私たちが到着したのは9時半頃だったのですが、すでに人が沢山います。
MVA@mondawmin④ 

MVA@mondawmin⑤
↑右手のカウンターがInformationになっていて、まずはそこで書類チェックをしてもらいOKだと受付番号を発行してもらえます。
番号をもらったら後は呼ばれるまでひたすら待ちです。

MVA@mondawmin⑥
↑自分の番になったら写真奥のカウンターまで行き、再度書類チェック。
夫曰くこれが非常に長くて、一枚一枚確認してコピーを取られたそうです。
その後写真撮影と視力検査を行い、やーーーっと筆記試験。
この視力検査と写真撮影はこのまま同じカウンターで行われて、写真に写っている青いシートを背景にみんな撮影されていました。
アメリカらしいと言うか、非常に合理的ですよねー。

ネットで調べると、この書類チェックで出直しを食らう人が多々いるというなか、無事に一発で筆記試験までたどり着いた夫。
しかしというかやはりというか、筆記試験、不合格でした
前日に一夜漬けで臨んだので仕方のない結果なのですが、後々話を聞いてみると私が作ったカンペに書かれていたにもかかわらず間違った問題がいくつかあったので、次回こそはきちんとお勉強して頑張ってほしいです

そうそう、ここのMVAは5月中にお引っ越しするらしいです。
MTA1本で行けるし、割と近くて良かったので非常に残念~
MVA@mondawmin⑦ 

引っ越ししちゃう前に合格合格出来ますように!!
13:40 日常生活 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。