07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

日本国籍取得の手続き

2013/12/10
アメリカで出産した場合、自動的にアメリカ国籍が取得できますが、日本国籍の取得に関しては自分達で手続きをしなければなりません。
予定日まで1ヶ月をきったのでそろそろそちらの準備もしておこうかな、と思います。

まず日本国籍取得の手続きですが、子供が生まれてから3ヶ月以内にする必要があります
3ヶ月もあれば余裕~と思いがちですが、子供の情報が戸籍に反映されるまでに1~2ヶ月ほどかかるため、もしパスポートが早い段階で必要な場合はサクサクとこちらの手続きを進めていかなければなりません。(いざという場合はパスポートなしでもどうにかなりますが。)

最初のステップとして必要書類を揃えるところから。
・出生届
・英文出生証明書
・英文出生証明書の和訳
・日本国籍を持つ親のパスポートのコピー
・米国滞在を証明する書類
・現住所を証明する書類
・戸籍抄本/戸籍謄本←あれば


出生届けは大使館に行ってもらうか、郵送で取り寄せをする必要があります。
英文出生証明書とその和訳は大使館のHPから印刷することができます。

ここで注意が必要なのが、英文出生証明書に子供を取り上げた医師または助産師のサインをする欄があるということです。
また記入ミスの訂正にもその医師または助産師のサインが必要となります。
前回の出産時はこの書類を持参して、出産直後にサインをお願いしたのがいい思い出(笑)
病院によって違うのかもしれませんが、退院してしまったら2度と同じ先生に会えないかも、と思う方は持参してその場でサインをお願いするのがBetterかもしれません。

必要書類が揃ったらそれを大使館まで郵送または持参して、日本の役所で戸籍に反映されるのを待つのみです。

出生届
↑郵送で取り寄せた出生届などの書類。
アメリカにあるとはいえさすが日本の役所。
出生届をの申請書を郵送してから1週間で書類が届きました

書類の記入例、細かな説明は大使館のHPに詳しく記載されています(やはりアメリカとは違うな
お近くの大使館のHPをご参考にしてください。

在米日本大使館、出生届に関するページ
スポンサーサイト
21:49 手続き | コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカのパスポートを取得する-パスポートゲット!!-

2011/06/18
今日お出かけから帰ったら楓宛に荷物が届いていました↓
アメリカパスポート①

こ、こ、これはまさか…。



やっぱり~~!!念願のアメリカパスポートです
アメリカパスポート②

アメリカパスポート③
↑表紙の色は日本の5年物と同じ黒です。

アメリカパスポート④
の顔写真は私が家でデジカメで撮りましたが、案外イケてますね

↓アメリカのパスポート、格好良いです。
アメリカパスポート⑤アメリカパスポート⑥
アメリカパスポート⑦
冊子の中身の絵が素敵
日本のパスポートは各ページに数字しか書いてなくて非常にシンプルですが、米国版パスポートは各ページに上の写真のような絵が印刷されているし、顔写真のページもワシ(タカ?)の絵があってとっても格好良いのです
こんなパスポートだったら中身を見てるだけでも楽しめますよね(そういうものじゃないけどさ(´ε`)

アメリカパスポート⑧
あ、そういえば実は日本のパスポートも取得してました
それについては後日記すとして、とりあえずは両国のパスポートをゲットした記念に1枚でーす

米国パスポートが出来るまで
23:06 手続き | コメント(2) | トラックバック(0)

アメリカのパスポートを取得する-申請-

2011/05/23
電話予約から2週間、ようやくパスポートの申請に行ってきました~。
書類に不備があるといけないと、念を入れて書類のチェックを行い、万全の体制でいざ出陣!

USPS① 
↑MetroのShot Tower駅から徒歩2分のところにあるUSPSです。
私が普段行っているHampdenのUSPSに比べると広いし人も少なくていい感じ

USPS②
 
↑ここがパスポート申請窓口。
一番手前の窓口には写真を撮るための背景といすがありました。


まず予約があることを伝え申請書を提出します。
ここでなぜかもう1枚申請書が必要だと言われ、その場で書き込むことに。
HPには何も書いてなかったぞ!!??

次にが米国市民であることを証明する書類、Birth certificateを提出。

続いて両親のIDの提示を求められパスポートを渡します。
コピーを取るよと言うので準備していたパスポートのコピーを渡すと、「Great!」って言われました。
いやいや、元々必要な書類の中にIDのコピーって書いてあるんだよ(- -;)
ここで問題発生
Visaの有効期限が切れてることを指摘されちゃいました。
そうそう、実は私たちのVisaの有効期限は去年の年末までだったんです。
本来Visaはアメリカに入国する際に必要な物で、J-Visaホルダーの場合はDS-2019の有効期限内であれば、たとえVisaの有効期限が切れていたとしても合法的にアメリカに滞在できます。
なので、念のためと持ってきていたDS-2019が大活躍。
夫がDS-2019は更新して有効期限も延びているから大丈夫だと説明したら納得してくれたらしい。
よかった~!!
アメリカでは、同じことをしているはずなのに書類を受け付けてもらえなかったり、手続きに手間取ったりと係の人によって対応が全然違うので、もしも今回当たった受付の人がDS-2019のことを知らなかったらそこで門前払いの可能性もあったのですが、なんとか無事に次のステップに進むことが出来ました

お次は写真。
パスポート用の写真は私が自宅で撮影&印刷した物だったので受け付けてもらえるか心配だったのですが、とくに何も言われることもなく、難なくOK☆かと思いきや、写真は2枚必要らしい
あれー??
HPには「one passport photo」って書いてあったのに
一応アメリカでのパスポート申請について書いてあるブログを見ていて、写真は2枚と書いてあったので、半信半疑ながらも予備でもう1枚写真を持っていたのでここも何とかパス出来ましたが、もはやHPの情報が全然役に立っていません!

必要な書類はとりあえず提出したので、後は申請用紙にサインするだけだ!とルンルン気分の私にさらなるカウンターパンチが!
なんとSocial security cardを出せと言われました。
そんなこと、一言もHPに書いてありませんでしたけどー!!
っていうか、Social security cardは防犯のため持ち歩いちゃダメって言われてるのに、わざわざ持ち歩く分けないでしょー
これは完全に不意打ちで、全く用意していなかったのでこのまま取りに帰るしかないのか…と思われたのですが、

夫「そんなことHPに書いてなかったんだけど!」

係「じゃあ、もしもOfficeから要請があったらコピーを提出して」

でSScardを提出しなくてもOKになりました
だったら何のために提出を求めたんだ!!
彼らの言ってることは半分くらいが適当(自分の思い込みで物事を進めているから)なんだってことがよーーーーくわかります

SScardの問題を何とか解決(?)して、やっと申請用紙にサインする場面までたどり着きました。
係の人に言われるがままに右手を挙げて、申請用紙の内容に誤りがないか聞かれるので「Yes」と答えてサインを書けば終了です。
私は最初、「raise right hand」が聞き取れず、「write hand」って言われてるんだと思って何を書くのか聞きそうになりました。しかもその後手を挙げろって言われたのはわかったけどうっかり左手を挙げちゃうし(これは左利きの癖だから仕方ない)…。
別に宣誓するだけなら左手でも右手でもいいんじゃないの?って思ってしまう

最後にParsonal checkで手数料(パスポート申請料金が$80、USPSに対しての手数料が$25別々のCheckに書きます)を支払います。

今回提出したBirth certificateは2週間ほどで返送されるとのこと。
パスポート自体は4週間ぐらいで届くようです。
SScardが本当に必要だったのかどうか定かではありませんが、無事申請は終了しました。
あとはパスポートが届くのを待つだけです


米国パスポートが出来るまで
15:31 手続き | コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカのパスポートを取得する-電話予約-

2011/05/12
パスポート作成に必要な書類が集まったので、今度は予約をすることに。
アメリカのパスポートはなぜか郵便局で申請します。
なので、我が家から一番近場の郵便局に電話してみました~。

が…
なぜかそこでは今パスポートの受付はやっていない、別の支店に電話しろと言われてしまいました∑q|゚Д゚|p
HPにはPassport apprication servicesって書いてあるのにー!!
さすがアメリカ。
電話でしか予約が出来ないとわかったときから、一筋縄でいくとは思っていなかったので、気を取り直して教えてもらった別の支店に電話しました。

が…
今度は電話にすら出ませんでした
お昼休みに入ってしまったのかもと思って(いや、ちゃんと時間も確認してオフィスの休み時間は外して電話したんですよ)午後にかけ直すも出ず。
その後3回ほどかけても結局出ず

「はぁぁぁぁーーーー(-Ⅱ-;)」と思いつつ、この日は諦めて翌日に電話することに。

翌日、今日こそはと意気込んで電話。
すると、この日はすんなりと係の人が出た~
カンペを見ながら土曜日に予約がしたいんだと言うと、パスポートの受付は月曜から金曜日しかやっていません、と言われる。

HPには土曜日もやってるって書いてあるのにーーー!!!!!
どんだけいい加減な情報をHPに載せればきがすむんだー(▼皿▼メ;)

アメリカのパスポート申請は、未成年の場合、保護者がそろって行く必要があり平日は夫が忙しいので土曜日に行きたかったのに…
土曜日がダメとなると後は夫の都合に合わせるしかないので、いったん電話を切り体勢を立て直すことにしました。

夫と連絡を取り、金曜日の早い時間なら大丈夫とのことだったのですが、さっきまで電話をかけていた郵便局は私たちのアパートから近い場所にあり、夫の職場からはかなり離れているので、もう少しDowntownに近い郵便局を探して、再度電話をかけてみました。

今度電話をかけた郵便局はBaltimore cityの中で一番大きな支店であることもあり電話もすぐに出てくれたのですが、来る人が多いせいか空いている日が翌々週の水曜日以降しかないとのこと。
しかも金曜日は空いているけど11時からの予約になってしまうらしい…。
11時って早い時間に当たるのかしら??ともう一度夫に確認を取り、まぁなんとかなるでしょうというので、再々度電話をかけたのですが、今度電話に出た人はパスポートの受付は別の電話番号にかけてくれというではないですか!
さっき電話かけたときはそのまま内線を回して取り次いでくれたんですけどー。
仕方がないので教えてもらった番号に電話したものの、やはり出ない((o(>皿<)o))

もうらちがあかないので最初の番号にかけ直すと、今度はすんなりと予約を取ってくれました
どうして同じ番号にかけているのに、こうも相手によって対応が違うのか理解しかねます、本当に。
予約の際に聞かれたことは、申請者の名前、連絡先、あとは両親がそろって来るかどうかでした。
こんな簡単なことをするだけなのに、疲労感が半端ないです

まぁ無事に予約が取れたので、後は郵便局に行くだけ
何事もなくすんなり終わりますように…。

米国パスポートが出来るまで

09:17 手続き | コメント(2) | トラックバック(0)

アメリカのパスポートを取得する-書類集め-

2011/05/05
まだ日本に帰国の予定はないのですが、いざという時のために(やっとのパスポートを作ることにしました
Travel State Govermentのパスポート申請のページを参照しながら、まずは必要な物を揃えるところからです~

DS-11(Application for a U.S. Passport)
これは初めてパスポートを申請する人や、16歳以下の人が使用する申請用紙で、コチラのページからダウンロードできます。手記でもオンラインでも記入可能ですが、サインだけは申請所の受付の人に言われるまでしてはいけません。

②米国市民であることを証明する書類
直近に発行されたU.S. Passportや、州または市、群が発行したBirth certificateなど。
あの時苦労して発行してもらったBirth certificateがやっと役に立つときが…(Birth certificate取得時のお話

③申請者と保護者の関係がわかる書類
両親の名前が記載されているBirth certificate(アメリカでも外国の物でも大丈夫ですが、外国の物は英語に翻訳する必要がある)。これに関しては②と被るので問題なし。

④保護者のID
パスポート運転免許証など。

⑤保護者のIDのコピー(表裏の両面)
こちらは提出用に持って行く必要があります。
レターサイズの紙片面印刷の状態でIDのコピーをとりましょう。

⑥写真(2×2インチ)
お店に撮りに行くという方法もあったのですが、今回は自力で写真を撮影することにしました。体験談は後日記事にするとして、顔の大きさの規格自体はアメリカも日本も共通なので(写真の大きさが違うだけで写すべき顔の大きさは同じ)、日本のパスポート申請のページを参考に何枚も写真を撮り、ここのサイトでパスポート用写真に加工しました

⑦申請料金
申請料金$80+作成費用$25=$105

この中で揃えるのが一番大変だったのは写真です。
きっとお店に行って撮影したらすぐなんだろうと思いつつ、一人で写真屋さんまで出かけて慣れない英語で話して写真を撮ってもらうのも億劫だったので自宅撮影をしましたが、予想以上にがこっちを向いてくれない~
まぁ赤ちゃんだから仕方ないんですけどね…。
またFormはネット上に情報を入力すれば勝手に作成してもらえるのですが、髪の毛の色や目の色を記入するところがあり、は若干茶色い髪&目をしているので、これは黒と書くべきか、茶色と書くべきか…と夫と悩んだりしました
きっとアメリカ人から見たら日本人の茶色いなんて黒にしか見えない!と黒を選択しましたけど

とりあえず必要な書類は用意できたので、今度は電話予約をしなくては~
こっちの方が書類を集める以上に大変だったりして…。
16:44 手続き | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。