07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Fund-raisingというもの。

2014/03/14
アメリカの学校と日本の学校、違うところは色々あれど、特に不可解な印象を受けるものそれは"Fund-raising"(と言っても、私日本で育児したことないですが・・・)

去年の9月から家の近くのPreschoolに通い始めた
まだ一番下のクラスだし、Fund-raisingは特に無いのかな?と思い始めた矢先にそれはやってきました
↓Fund-raisingのお知らせの紙。
fund-raising①

さて、Fund-raisingとは募金活動の1つなのですが、なぜそれを不可解に感じるかというと、その募金活動を通して一番多く募金を集めたクラスや生徒を決め何か賞品を与えるからです。
例えばクラスにはアイスクリームパーティーだったり、個人にはiPodだったりが贈られます。
そうやって子供の競争心を煽ってより多くの募金を集めようということなのでしょうが、全然賛同できませんo(`ω´*)o

お知らせの紙には、「各家庭が最低10個の品物を売るのが目標です」と書かれています。
アホかっ!!
1つ$10以上するようなもの(今回はケーキやピザが商品でした)を友人知人10人以上に売るなんてできません
我が家は潔く、自分達で食べる用のピザを1つ注文するだけで落ち着きそうです
fund-raising②
"Extra! Extra!"の文字がこれまた腹立つ~(゚Д゚#)(゚Д゚#)

募金は競争じゃないと声を大にして言いたいです。
スポンサーサイト
14:51 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

きゃー!!

2014/02/27
宛てに手紙が届きました↓
Presidential Greeting①
写真では分かりませんが、質の良さそうな便箋。
そして送り主の住所は・・・↓
Presidential Greeting②
キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!

そう、White Houseからの手紙、Presidential Greetingが届いたのです
Presidential Greeting③
(印刷だけど)オバマ大統領とMrsオバマさんのサイン入り

リクエストの手紙を送ってからだいたい6週間でこの手紙が届きました。
(Presidential Greetingをリクエストした時の記事はコチラ
Babyのにはまだまだこの手紙の意味は分からないけれど、彼女が大きくなるまで大切に保管しておいてあげたいと思います
いやー、一生の宝物ですな。(子供より親のほうがテンションあがってる??(笑))
06:55 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

White House Greetings

2014/01/17
最近知りましたが、アメリカで出産してアメリカ国籍を持っている赤ちゃんは、White Houseから大統領のサイン入りの誕生祝のカードを送ってもらえるらしいです
の時にもこういうサービスがあったのか??
あればリクエストしたかったけれど生後12ヶ月以内の申請でなければ無効のようなので、今回はの分だけでもそのカードのリクエストをしてみたいと思います

リクエスト方法はお住まいの州の国会議員にオンライン、電話でリクエストするか、White Houseに手紙かFaxでリクエストかの二通りになります。
ざっと調べたところ、Maryland州ではBarbara Mikulskiさんのオフィスに電話するか手紙or Faxでのリクエストか出来るようです。(参照はコチラ
電話は敷居が高すぎるので勿論White House宛に手紙を送りたいと思います

誕生祝カードの場合の必要情報
・赤ちゃん&両親のフルネーム
・赤ちゃんの誕生日
・住所
・日中連絡のつく電話番号

注意事項
*赤ちゃんが米国籍を持っていること
*誕生祝カードのリクエストは赤ちゃんが生まれてから
*生後12ヶ月以内に申請すること


Presidential Greeting Request
↑実際に私たちが送ったリクエストの手紙です。(クリックすると大きな画像が見られます)
最後の挨拶のあとに、手書きでサインを書きました。

郵送先↓
White House
Atten: Greetings Office
1600 Pennsylvania Avenue
Washington, D.C. 20502

Fax→202-456-2461


英文の参考URL
その①
その②

誕生祝以外にも、結婚祝いのカードや、80歳以上の方であればBirthdayカードも送ってもらえるらしいです
なんていうか、日本にはない粋なサービスだなぁとつくづく思います
11:42 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本国籍取得の手続き

2013/12/10
アメリカで出産した場合、自動的にアメリカ国籍が取得できますが、日本国籍の取得に関しては自分達で手続きをしなければなりません。
予定日まで1ヶ月をきったのでそろそろそちらの準備もしておこうかな、と思います。

まず日本国籍取得の手続きですが、子供が生まれてから3ヶ月以内にする必要があります
3ヶ月もあれば余裕~と思いがちですが、子供の情報が戸籍に反映されるまでに1~2ヶ月ほどかかるため、もしパスポートが早い段階で必要な場合はサクサクとこちらの手続きを進めていかなければなりません。(いざという場合はパスポートなしでもどうにかなりますが。)

最初のステップとして必要書類を揃えるところから。
・出生届
・英文出生証明書
・英文出生証明書の和訳
・日本国籍を持つ親のパスポートのコピー
・米国滞在を証明する書類
・現住所を証明する書類
・戸籍抄本/戸籍謄本←あれば


出生届けは大使館に行ってもらうか、郵送で取り寄せをする必要があります。
英文出生証明書とその和訳は大使館のHPから印刷することができます。

ここで注意が必要なのが、英文出生証明書に子供を取り上げた医師または助産師のサインをする欄があるということです。
また記入ミスの訂正にもその医師または助産師のサインが必要となります。
前回の出産時はこの書類を持参して、出産直後にサインをお願いしたのがいい思い出(笑)
病院によって違うのかもしれませんが、退院してしまったら2度と同じ先生に会えないかも、と思う方は持参してその場でサインをお願いするのがBetterかもしれません。

必要書類が揃ったらそれを大使館まで郵送または持参して、日本の役所で戸籍に反映されるのを待つのみです。

出生届
↑郵送で取り寄せた出生届などの書類。
アメリカにあるとはいえさすが日本の役所。
出生届をの申請書を郵送してから1週間で書類が届きました

書類の記入例、細かな説明は大使館のHPに詳しく記載されています(やはりアメリカとは違うな
お近くの大使館のHPをご参考にしてください。

在米日本大使館、出生届に関するページ
21:49 手続き | コメント(0) | トラックバック(0)

totSWAPでお買い物

2012/10/28
このブログでも何度か紹介している子供用品の大規模セール、totSWAPがこの週末再びState Fairgroundsで開催されていました。(ブログでは紹介しそびれたけど・・・

最近はSears OutletのFree Apparel Tuesdayもなくて用の冬服が物足りない感じになっていたので、Usedではありますが新しく洋服を購入しようと行ってきました~☆
ちなみにtotSWAP最終日は売り物が半額になります。(売主がDiscountを了承している場合のみ。でも洋服も半分以上が50% offになっていました

↓今回購入した洋服たち。
totSWAP戦利品

長袖シャツ、長ズボンは十分にあるのですが、スカート&ワンピースの手持ちが少ない!ということで、スカート2枚、ワンピース3枚を購入。
買ったワンピやスカートに合うよう長袖も一応購入。
計7点で$11程でした。(全部Discount OKのものを選びました

今回は色々買ったなぁ~と思っていたけど、他のお母さん方は20着も目じゃないぐらい洋服を買い込んでいましたすごすぎ。。。

新しい服を買うとわくわくしますね!!
お着替えさせるのが楽しみです
21:18 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。