05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

カードの不正利用再び。

2014/03/19
そういえば、そんなこともあったなぁーと思っていた今日この頃、なんと再びカードの不正利用をされてしまいました(1回目の不正利用はコチラ

事の発端は私宛に届いたBank of Americaからのメール。
またいつものオファーのメールかぁと思っていたら、届いたのはこんなメールでした↓
カード不正利用の記録

Irregular Activityって
半信半疑ながらも、とりあえず自分のアカウントを確認してみると、確かにそこに自分のみに覚えのない支払い履歴が・・・。
Walmartのオンラインストアで、約$50の買い物を2回続けてしたことになっていました。
メールには確認したらすぐに電話を!と書いてあるし、支払い状況もまだPendingになっているし、なるべく早く電話しなくちゃー、でも夜だし(気づいたのは夜の8時過ぎだった)電話したくな~いとうだうだ悩みましたが、$100は私にとっては大きなお金、意を決してカスタマーに電話しました

アラートメールを受け取ったこと、アカウント上に身に覚えのない支払いがあることを伝え、今回はその場でカードを停止してもらえました
新しいカードは郵送で届くとのこと。
せっかく、正に不正利用のあったその日に新しい有効期限のカードが届いたばかりだったのに・・・アメリカ生活、これで通算3つ目のカードです。
夫には1度もないのになぜ私だけ・・・

そして、ついでに私のカードが使われたと思われるWalmartのカスタマーにも連絡しました。
オンラインショッピングなのでまだ商品が発送されてはいないだろうということで。
こちらもそれまで私が登録していたカードの情報を削除してくれました。

全然関係ないけど、今回のことでまた新しい単語を学びました。
不正利用:fraudulent useまたはunauthorized use
昔はこの単語が分からなかったのですが、今回はばっちり調べて電話で使ってみました
自分で電話できるなんて、成長したな、私(自画自賛)
スポンサーサイト
14:05 クレーム | コメント(0) | トラックバック(0)

Comcast解約

2013/03/12
アメリカに来て早4年。ここに来て初めてインターネットのプロバイダーを変更しました!
と言っても最初の2年間はお隣さんとネットをシェアしていたため自分たちで契約していたわけではなく、引っ越し後初めてComcastと契約をしたので、実質は1年だけだったのですが・・・。

Comcastと言えばアメリカの大手プロバイダーですが、と同時に悪名高かったりもします。
解約手続きをしたのにその後数ヶ月にわたって通常のBillが届いたり、解約手続きで電話をたらい回しにされたり、ケーブルガイが時間通りに来なかったり。。。
電話でたらい回し&時間通りに人が来ないというのはComcastに限ったことでは無いのですが、とにかくComcastに関してはあまりよい話を聞いた試しがありません。
我が家もそんな話を周りから聞いていたものの、インターネット$19.99/月というオファーに誘惑されComcastと契約してしまいました。

が、このオファーが曲者なのです。
実はこういったオファーは契約後半年しか続かず、その後の料金は鰻上りに上昇するのです
我が家の場合、契約当初はテレビ&ネットがそれぞれ$19.99/月だったのですが、その半年後テレビの料金は$39.99になり、1年経った2月からはテレビは59.99/月、ネットは34.99/月になるというではないですか
契約後半年の最初の値上げのとき一応Comcastと戦ったのですが、その時は「システム改変のための値上げだから仕方ない。今この値段にしておかないと後々かなり高くなるから~。テレビの契約切るとネットの値段が高くなるよ~」と言われ、かつ夫もデジタルテレビを楽しんでいた頃だったので、仕方なく契約継続を決定したのですが、それが間違いだった
2月の値上げではテレビの値段もまけられないし、テレビを切ったらネットの値段は$70近くなると言われ速攻解約を決定。
これでもうComcastとの戦いは終了するかのように思われたのですが・・・、さすがComcast。
狙ったところは外さないというか、当然のようにBillが送られてきました。
しかも解約して1ヶ月以上経ってから
Comcastを解約したのは1月末、そしてこのBillを受け取ったのは3月に入ってから。
Bill①
↑このBillからすると、2月3月と2月分の料金が払われていないことになっているようです。

チャットでComcastに確認してみると、Comcastから借りていたデジタルチューナーが返却されていないため契約が継続になっているそうな。
ちゃんと返しに行ったしヾ(*`Д´*)ノ"
確認に時間がかかるから、48時間以内に電話連絡が入るとのことでこの日は終了。

そして2日間電話連絡を待ったものの連絡来ず
仕方ないので再びチャットで連絡をとってみると、チューナーを返すまでの間に翌月に被った期間があるためその分の料金を支払うだけでOKということになりました。
ちゃんと連絡して~!!!

で、後日送られてきたBillがこちら↓
Bill②
過大請求だった分が差し引かれたBillになっていました。

我が家は口座から引き落としではなく、毎月Checkを送って支払いをする方法にしていたのでこのことに割りとすぐに気づくことが出来ましたが、アメリカの銀行には通帳がなく、毎月届く明細で確認するかオンラインで確認するかのどちらかしかないため、引き落としにしていたらしばらく気づかなかったろうなーと思います。

何はともあれ、Cocmastの解約は要注意です!
10:00 クレーム | コメント(1) | トラックバック(0)

裁判、今日でした。

2012/07/18
すっかり忘れていたけれど、ちゃんと書かねばならないこの記事。
警察に捕まったその後のことです。

5月の始めにEmission testを受けていないと理由で違反切符を切られた私
その後すぐにEmission testを受けてきたけど、今度はそこで警察官の方が間違っていると言われ、それならば裁判でそれを主張しよう!と「Request a trial」をした、というのが前回のお話。(その時のお話はコチラ

さて、裁判所宛に裁判の申し込みをして2週間が過ぎた頃、とうとうやってきました、裁判所からの手紙なかなか来ないから、このままこの件はお流れになるんじゃないか…と淡い期待を抱いていましたが、期待するだけ無駄でした

↓裁判所からの手紙でーす。
裁判所からの手紙①
赤線部分に注目
「State of Maryland VS ○○(私の名前)」になってる~
そうか、私原告なんですねー(裁判を申し込んでいるから)。
相手がMarylandなのは、警察が国家(州?)権力だから??
どちらにせよ、これだけみると何だかすごいことになってます

↓手紙の内容としては今回の裁判に関する日時、場所について記されています。
裁判所からの手紙って、どんなもんなの~と興味のある方はクリックで大きな画像が開きます。
裁判所からの手紙②
面白いことに、裁判を申し込んでこの手紙を受け取っているはずなのに、「もしもこの罪に異論が無いなら、罰金を全額払って裁判には来なくてよい」とも書かれています。
途中で気が変わった人用の救済措置なのかしら。

何はともあれ、これで裁判の日決定です。
というか、ブログに書くのが遅れに遅れたせいですが、実は今日裁判を受けてきました(笑)
うーん、大変興味深かったです。

既に結果も出ていることだし、長くなりそうなので続きは次回にしたいと思いま~す
23:33 クレーム | コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっとした勉強代=$8

2012/03/21
ある日郵便受けに届いた私宛の封筒↓
Washington times①
こ、これは!!
以前新聞購読を(半ば無理矢理)申し込み(させられて)、結局Sunday paperが無いため購読をキャンセルしたWashington timesからの手紙ではないか!
その時の模様はコチラを参照ください☆

カスタマーサービスと電話で話したときは割とあっさりとRefundを認めてくれて、いつチェックが届くかな~と楽しみにしていたので、これは嬉しいお手紙だわ



あれ?だけどなんだかちょっとおかしいぞ…。
↓Refundの金額に注目
Washington times②
$12.46って。
私が払ったのは約$16で$4も足りないじゃないか
確かにあの時、Refundの金額も言ってくれていて、聞き取れなかったのをそのままにしていたから、金額が違っていたらどうしようとちょっと不安があったのだけど…予想的中

仕方がないので、今回は勉強代を払ったと言うことにして諦めることにします。
今度新聞勧誘が来たら、絶対!!!居留守を使おう。←超弱気
12:00 クレーム | コメント(0) | トラックバック(0)

詐欺られたと夫に馬鹿にされる。

2012/02/27
久々のクレーム話です

それは1ヶ月ほど前のお話。
いつものように夕飯の支度をしていたときに滅多にならない呼び鈴がなり、宅配便かもと思ってドアを開けると、そこには新聞勧誘の(多分)学生が立っていました。
前のアパートの時も毎月月末になると新聞勧誘の人が来て、英語下手+断れない質の私は居留守を使って彼らをやり過ごしていたのですが、まさかこんな所にまで!!!
もうドアを開けてしまっていて後にも引けず、話を聞きながらも断ろうとすると、

学「君の子供もいつか大学に行くかもしれないのに、寄付に興味ないの~!?」

と言われてしまい、苦肉の策でSunday paperだけ購読することにしてしまいましたorz
この新聞は、購読料の何割かが大学の奨学金に充てられるため、上の「君の子供も~」という台詞に繋がるわけです。が大学に行く年になるまでアメリカにはいないし!!)

後で帰ってきた夫にさんざん馬鹿にされ、それでも普通にSunday paperを買いに行くよりも若干お得だし、毎週毎週Sunday paperを買いに出かける手間も省けるから良いじゃないかと、なんとか夫を納得させてその時は事なきを得ました。

それから早1ヶ月…。
いっこうにSunday paperが届きませんっ
夫には詐欺だと言われるし、払ったお金で何週間分のSunday paperが買えるんだよ~
今回のことは自分のミスでしょと、非協力的な夫のせいで(いや、彼の言い分が正しいのですが…)泣く泣く自分で苦情の電話をすることになりました。


私「1ヶ月ぐらい前に新聞購読したはずなのに、まだ届いてないんですけど~」

オペ「(名前等確認して)OK、ではキャンセルしますか?」

私「うーん、配達して欲しいです」
↑我ながらしつこい!(笑)

オペ「分かりました。曜日は水曜日でいいですか?」

私「え!?私が頼んだのはSunday paperなんですが…」

オペ「残念ながら○ashington TimesにはSunday paperはありませんが」

Sunday paperが無いってどういうことよ
契約した時クーポンがほしいんだよねと伝えたら、もちろんさMa'amと言ったくせにー!!!!
しかも、おつりがないからって$4ぐらい余分に持って行かれたのに

Sunday paperがないなら読む価値なし(実際読んでないけど)、と即効キャンセルしてもらい、払った分のお金はチェックで戻してもらうことになりました。
といっても余分に払ってしまった$4は戻ってこないけどねー

あー腹立つ~(#`皿´)
Sunday paper(クーポン)に釣られてしまった自分が悲しい。
どうせどうせ、詐欺られましたさ。。。( p_q)エ-ン
15:55 クレーム | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。