08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

警察に捕まりました(泣)

2012/05/26
捕まったと言っても、逮捕ではありません。検挙されました(あんまり変わらない?)

数週間前のある日、お出かけの途中で赤信号で停車していて信号が変わったので発進しようとしたその時、後方からパトカーのサイレンの音が
はっとしてルームミラーを見ると私の車の真後ろにパトカーが!!!
パトカーのランプは付いている状態だし、この感じだと私を停めようとしている…??
何にも悪いことはしていない(スピード違反も信号無視もしていなかったハズ)のになんで~??と腑に落ちないまま路肩に車を停め、警官がくるのを待ちました。

警官「免許証とRegstration見せて」

これは前回と同じ流れなので大人しく免許証を渡します。この時焦りすぎてRegstrationの紙を発見できなかったのですがVINから参照できるからとパトカーに戻っていきました。

何?何??
私、一体何をしたの???
前回同様一体何が原因で呼び止められたのか分からずめちゃくちゃ不安になる私
この後用事もあるのに~!

警官「Emission testの有効期限が切れてるから」

私「??Emission test?Inspectionと同じものですか?」

警官「いやいや、Emission testだよ。とにかく、早急にテストセンターに行ってEmission testを受けてきて」

そう言って警官は私に1枚の紙をくれました。
そう、違反切符です

違反切符①
↑これが私がもらった違反切符。
色々違反項目が書かれていますが、今回私が切符を切られた違反にはVEIP、12/30/11と書かれています。
VEIP=Vehicle Emissions Inspection Programのことで、これが警官の言っていたEmission testのことみたいです。
この記載からすると去年の12月末で有効期限が切れてたってこと~???

家に帰って落ち着いて調べてみると、確かにMarylandではEmission testは2年に1度必ず受けなければならない検査のようで、本当に12月末に有効期限が切れたのであればその前に検査を受けた記憶はないので警官の言うことは正しいことになります。
本来なら有効期限が切れる2ヶ月ほど前にお知らせが届くはずなのですが、我が家の場合車を購入した直後に引っ越しをして、免許の住所変更はしたけどRegistrationの住所変更をしそびれていたためにお知らせが届かなかったのでは…?という結論に落ち着きました。
まぁとりあえず早めに検査してもらうに越したことはないと、翌日午前中の仕事を夫に休んでもらい一緒にEmission testを受けてきました

ところがそこで新たな事実発覚
検査センターにいる人(この検査はMVAの管轄になるので、センターにいる人はみんなMVAの関係者です)が、有効期限は切れてないと言うではないですか!!!!

なんなの?どうなの??どっちの言うことが正しいの???
もしこの人が言うことが正しいなら、裁判所に出向いてそれを主張しなければなりません。
どうやってそれをどうやって証明するのか…。
彼に聞いてみるとこれを持って行きなと検査結果の紙をくれました。
その紙には検査結果はもちろん、今回のEmission testがいつまで有効か、などなど色々な情報が書かれているのですが、そのうちの一つに延滞金の項目があります。
彼が言うには、「もしも本当に検査を遅れて受けていたのならここで延滞金が発生してるはずだよ」と。

そこまで言ってくれるのであれば!裁判受けてきますよー
↓ということで、もらった違反切符に戻ります。(クリックで画像が大きくなります)
違反切符②
違反切符の裏には、罰金の支払い方法などが記載されているのですが、その中に「Request a trial」という項目があります。そう、裁判の申し込み
なので、ここにチェックをして、この違反切符のコピーを裁判所宛に送り返します。

違反切符③
↑封筒にも「Request a trial」の文字が…。

さて、とりあえずは裁判所からの返事待ち。
色々と調べなければならないことが多いなぁ
スポンサーサイト
16:47 日常生活 | コメント(1) | トラックバック(0)

No way!!!!

2011/12/11
先週の出来事ですが…。

警察に捕まるかと思いました


TARGETのクーポンで、$50以上買い物をすると$10分のギフトカードがもらえるという物があって、更に今スタバのコーヒーを3袋買うとスタバのギフトカード$5分+TARGETのギフトカード$5分がもらえるDealもあったので、1時間近く品定めをしてクーポンを利用して楽しく買い物をした帰り道、あと数分で家に着くというところでパトカーのサイレンの音。

おや?と思いルームミラーを見ると私の車の後ろにパトカーがいるでないですか!!
でも速度は守っていたしシートベルトもしていたし、特に呼び止められる要素がなかったので、もしや「遅すぎて邪魔だよ!」という意味でサイレンを鳴らされたのかもと思いとりあえず道の横によけてみた私。

ルームミラーで様子を伺っていると、パトカーから下りてくる様子がない…?
うーん、やっぱり遅いから早く行けってこと??
よく分からず再び発進。


が、やはり私の車に付いてきている模様…。


とりあえず路肩に停めて車から降りると、第一声で「どうして止まらなかったんだ!」と怒られました
だってだって~。
とにかく私に対してのサイレンだと思わなかったと説明してなんとか本題へ。

でも早口で何言ってるかわからなーい!!!!
なんとなく、車の保険がどうの~MVAに連絡がどうの~と、言っていたのですが、結局の所私は違反者扱いなのかどうかが分からず、私は英語があまり出来ないので夫に電話で話してもらおうと電話をかけたのに仕事中で留守電

その間にも、保険証を見せたり免許証を見せたり、色々質問されましたよ。
警察も私が英語出来ないって分かっているので一応ゆっくり喋ってくれているけどそれでも早いし、知らない単語が沢山あってあんまり意味がよく分からなかったけれど、答えないわけにはいかず聞き直したりしてどうにか答えて、最終的に違反チケットに今回呼び止めた理由を書いて渡してくれました。

This is not a ticket」って言っていたので、違反じゃなかった模様。
運転して帰っても大丈夫かと聞くと問題ないとのこと。
「ただ保険会社とMVAに連絡しろよ」と言い残してパトカーに戻っていきました。


実は車を購入して保険には入ったものの、すぐに引っ越しをしたために新しい住所を証明する書類が用意できず、1度保険が解約になったことがあるのですが、その後すぐに保険に入り直して今はきちんと保険に加入して車に乗っているという情報がMVAに伝わっていなかったらしく、無保険状態で車に乗っていると思われて警察に呼び止められたらしいです。
本来なら保険会社から連絡してくれることだと夫の同僚が言っていたのですが、MVAのHPには

You need to provide the MVA with your name and address, vehicle title number, new insurance company name (not agency), and new policy number.

と書いてあり、こちらにも情報更新の不備があったことがわかりました…。
知らなかったとはいえ、危なかった~
「情報更新をしていない=無保険と同等」と警察が言い張ったら逮捕されてしまうような国ですからね
理解のある警察で本当に良かった

ということで、皆さんも保険会社を変更の際はご注意を!
連絡はメールでも電話でも、手紙でもOKの大丈夫なようなのでちゃちゃっとしてしまうのが良いかと思います。
参考URLはコチラ



しかし、アメリカで警察を間近に見るのはこれで3度目だな~。
全然嬉しくないところで引きが強いというのも考え物orz。
19:32 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。