06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

布おむつについて

2011/02/20
先日のブログで書いた布おむつですが、私が使用しているのはファジバンズバムジーニアスと同じポケット式と呼ばれるタイプの布おむつです。
おむつカバーにポケットがついていて、その中にインサートといわれる吸収体を入れて使用します。
さらにワンサイズなので、新生児の頃から13kgくらいになるまで使えます。

↓これが一番小さい形
布おむつ①

↓最大
布おむつ②
おむつについているスナップボタンを使って胴回り、太もも回りの長さを調整することが出来ます。

↓広げるとこのようになります。
布おむつ③
上の部分がポケットの入り口です。
内側はフリース生地になっていて、通過したおしっこを逆戻りさせることなくおしりはいつもさらさらです

↓これがインサートと呼ばれる吸収体。
布おむつ④

↓先ほどのインサートをポケットにしまいます。
布おむつ⑤

↓着用図
布おむつ⑥

日本ならではの輪おむつと違って紙おむつ感覚で取り替えられるのでとっても楽ちん
外側のカバーごと洗濯しなければならないので洗濯物の量は増えましたが、のおしりがいつもさらさら、ということの方が重要なので全く問題なしです(紙おむつではすぐにおむつかぶれが出来ていたので…
唯一の欠点は、洗濯の方法によってはフリース生地が撥水してしまい漏れが発生すること。
おしっこの漏れは悲惨です…
私も経験してしまいましたが何とか元に戻すことが出来て、今は楽しく布おむつ生活を続けています

スポンサーサイト
22:02 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

布おむつ生活

2011/02/09
新生児用の紙おむつがサイズアウトしてから、実は布おむつ生活を始めています。
を妊娠してから、色々なHPから育児情報を入手していたのですが、その中で一番気になったのがおむつに関するお話。
生まれてから長ければ3歳になるまで使うおむつですが、もし3歳におむつが外れたとしてそれまでにかかる費用はなんと約18万円だとか
月平均にすると約5千円…我が家にとってはかなりの負担増大です
そこで考えたのが布おむつ。使い捨てじゃないからエコだし、赤ちゃんのお肌にも優しいし、何よりお財布に優しいということで、渋る夫を説得し(結局洗濯するの私だし!)布おむつを購入。
といっても、まだランドリーの問題(我が家の洗濯はアパートの共有ランドリーでしていて、1回につき$1.50かかる)があったのですが、これに関しては秘密兵器を投入することで解決しました

布おむつ⑦
↑着用してみるとこんな感じなのですが、服の間から見えるおむつは断然紙よりもの方がプリチーです
16:45 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。