06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

病院でもらえるもの

2014/01/21
病院を退院する時に病院から色々いただけます。
病院によって異なるかもしれませんが、ご参考までに。(写真はクリックで大きくなります)

・オムツ。HopkinsはHuggiesのサイズ1を使っていました。
・ワイプ。病院専用の厚手のワイプ。
・Formula。母乳育児予定の人はもらえないらしいです。の時はSimilacのサンプルと保冷バッグがもらえたのに・・・(-_-;)
・シャンプ。←Johnson&Johnsonの物
・クシ
・聴診器。入院中の検診で使用していたものをそのままもらえます。
・鼻吸い器。だとずっと思っていましたが、使い道はもっとあったらしい一品です。
病院からもらえるもの①
↑赤ちゃんの吐き戻しなどを吸い取る時も使える便利グッズ、らしい。
・体温計。アメリカ製なのに摂氏表記の体温計。

赤子用品はこのぐらいでその他母親用の品物がいくつかあります。
・メッシュパンツ。産褥下着の代わりに入院中に着用します。
病院からもらえるもの②
・悪露用のナプキン
・母乳パッド
・傷口の洗浄用シャワーボトル。トイレで用を足した後に使います。
・傷口の痛み止めパッド。傷口にパッティングして使用。即効性があって重宝しました。
病院からもらえるもの④
・洗面器。傷口のヒーリング用にいただける一品。トイレの便器にセットして使います。付属のバッグにお湯を入れてその蒸気を当てるらしい。
病院からもらえるもの③
・搾乳機。ちょっとひと悶着あったのでまた後日追記したいと思います。

赤ちゃんのオムツやワイプ、ナプキンなどは入院中に使っていたものの残りがもらえます。
また足りなくなったら新しいものを持ってきてくれるし、退院時には新品も追加でいただけると思います。

ということで、入院した時よりも荷物が増える増える。
しかも退院する時は赤子はカーシートに乗せていかなければならないので、手がいくつあっても足りないくらいです。(特に搾乳機がかなり大きい
短い入院期間ですが要らないものはどんどん持って帰ってもらって、なるべく荷物の少ない状態で退院されることをおススメします!
スポンサーサイト
08:02 病院関係 | コメント(0) | トラックバック(0)

二人目・出産&入院

2014/01/13
第12回妊婦検診の翌日、出産予定日の日に誘発分娩を受けるべく病院に向かった私たち。
出産でお世話になるのは夫の職場でもあるJohns Hopkins Hospital@ Downtownです。
の時は陣痛が来る中Hopkinsのシャトルに乗って病院に行ったなぁと思いつつ、今回もFallswayの駐車場から病院までの道をシャトルに乗って移動しました(笑)

朝8時病院に到着後、Zayedタワーの8階に向かいます。そこで受付を済ませさらに別室に案内されて入院に関する説明を受けます。それが終わるといよいよ私は病室に案内されました。
ちなみにHopkinsにはLDR室が8つ有り、今回も前回も私はLDR室で出産することが出来ました。調べてみて日本ではあまりLDR室はまだそれほど一般的ではなく、陣痛の合間に分娩室に移動なんて無理!!と思った私はアメリカで出産できて本当に良かったと思います。。。

病室に案内された後、早速促進剤を投与されるのかと思いきや、書面にサインをしないといけないからということで通訳の人を待つこと1時間。結局病院に来られる人がいなかったため電話での三者通話で同時通訳をしてもらうことになりました。
この時の話の内容は、新生児黄疸について、PKU(フェニルケトン尿症)について、異常分娩(3時間以上いきんでも出産にいたらない場合など)になった時の対応(緊急帝王切開出血多量のときの子宮摘出)、病院内にいる時はネームタグにピンクのラインの入った看護師または医師しか新生児を扱ってはいけない、などでした。
出産①
↑ベッドの上で電話中の私。
部屋の奥には陣痛と胎児心拍を測定する装置や、点滴の機械があります。
そうそう、この時点で実は弱いながらも陣痛が10分ほどの間隔で来ていみたいです
後は促進剤で陣痛が強くなるのを待つのみ

↓LRD室内はこんな感じ。
出産②
そのまま分娩室になるためライトやその他の設備がもろもろ揃っています。

出産③
↑これは生まれた赤ちゃんのための可動式クリブです。

出産④
↑この病室の窓からの風景。
前日に雪が降ってあたり一面が雪景色でした

結局書面のサインなどが済んで促進剤を投与し始めたのが10時過ぎ。
ナースの方からもう少し時間がかかると思うと言われ、夫を昼食に送り出したのが11時頃。
それから担当ナースの方とおしゃべりをしたり、無痛分娩のための硬膜外麻酔の説明&同意書にサインをしたりしている間に陣痛はどんどん強くなっていきます。
アメリカ流なのか、痛みの強さを1~10の数字で言ってみてと言われるのですが、Maxの痛みが分からないのに今の痛みがいくつなんて思いつかない!
まだまだ痛くなるものだと思った私はとりあえず「5です」と答えたけれど、もう声を押し殺すのも無理なくらい痛い!!
夫に急いで戻ってきてもらい麻酔科医の処置を待ちます。
麻酔科医が着てくれたのが12時半頃で、それから麻酔を注入するまでに色々手順を踏まなければならないので結局麻酔をしてもらえたのは1時過ぎになりました。
が、ここでもの時の悪夢再来・・・。
麻酔を1本打ってもらったにも関わらず陣痛がかなり痛い
我慢が出来ずうめき声が漏れてしまい、あえなく追加投入決定。
2本目の麻酔が効いてようやく一息つけるようになりました。

さて、一息ついたのもつかの間、助産師さんによる内診の結果子宮口最大ということで、このまま一気に分娩体制に入ります。
でも、今まで妊婦検診の担当をしてくれていたドクターが来ていない。。。
元々2時に来る予定と聞いていたのですが、これでは間に合わないということで急遽先程内診をしてくれた助産師さんが引き続き担当をすることになりました。
そしてこの後がスピード展開。
助産師さんの合図でいきむこと3回、元気な産声を上げて第二子が誕生しました
出産⑤

第二子誕生後、赤子は体をきれいにしてもらったり、私は初めての授乳をさせてもらったり、麻酔が切れるまでLDR室で休みその後普通の病室に移動となります。
担当してくれた助産師さんが病室を去る前に日本の出生届け用の書類にサインをもらうことを忘れずに

病室に着くとこんなものが私を出迎えてくれます↓
出産⑥
お菓子とジュース
ジュースは良くても、お菓子は母乳には良くないのでは・・・?

入院は出産後48時間。その間3時間程ごとに担当ナースが検診にやってきます。
そして新生児の検診について(生後3日で初検診)母親も4~6週間後に産後検診を受けることなどの説明を受けます。
またここアメリカではB型肝炎の予防接種が原則として全員に行われます
ということでもぶすりと接種してもらいました

いざ退院の日。ここでまさかの再会が~!!
3年前を出産する時にお世話になった看護師さんが、この日私の担当ナースだったのです
もしまだHopkinsにいたら・・・とわずかに期待はしていましたが、本当に再び出会えるとは!
最初は分からなかった彼女も共通の友人の話題を通して私たちのことを思い出してくれました

感動の再会を果たし、無事に終えた二人目出産。
唯一の反省は、あんまりにも陣痛を我慢したことぐらいでしょうか・・・(笑)
担当していた看護師さんには"You are so tough"って言われました
普通の人は痛みが3ぐらいの時点で麻酔をお願いするらしいです。
無痛分娩を決めているなら、もう少し早い時点でお願いすればよかったなぁ。
18:00 病院関係 | コメント(0) | トラックバック(0)

生まれました!!

2014/01/09
誘発分娩のお話を受けた翌日、予定通り病院に入院&誘発剤使用をして、その日の午後2時過ぎに3200gの女の子を出産しました☆
誘発剤を使っても時間がかかることもあると聞いていたので少し心配していましたが、誘発剤使用から出産まで4時間という短い時間で出産することが出来ました。

New Born
↑驚くほどにそっくりな2人目です(笑)
これからの成長が楽しみです
12:00 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

日本国籍取得の手続き

2013/12/10
アメリカで出産した場合、自動的にアメリカ国籍が取得できますが、日本国籍の取得に関しては自分達で手続きをしなければなりません。
予定日まで1ヶ月をきったのでそろそろそちらの準備もしておこうかな、と思います。

まず日本国籍取得の手続きですが、子供が生まれてから3ヶ月以内にする必要があります
3ヶ月もあれば余裕~と思いがちですが、子供の情報が戸籍に反映されるまでに1~2ヶ月ほどかかるため、もしパスポートが早い段階で必要な場合はサクサクとこちらの手続きを進めていかなければなりません。(いざという場合はパスポートなしでもどうにかなりますが。)

最初のステップとして必要書類を揃えるところから。
・出生届
・英文出生証明書
・英文出生証明書の和訳
・日本国籍を持つ親のパスポートのコピー
・米国滞在を証明する書類
・現住所を証明する書類
・戸籍抄本/戸籍謄本←あれば


出生届けは大使館に行ってもらうか、郵送で取り寄せをする必要があります。
英文出生証明書とその和訳は大使館のHPから印刷することができます。

ここで注意が必要なのが、英文出生証明書に子供を取り上げた医師または助産師のサインをする欄があるということです。
また記入ミスの訂正にもその医師または助産師のサインが必要となります。
前回の出産時はこの書類を持参して、出産直後にサインをお願いしたのがいい思い出(笑)
病院によって違うのかもしれませんが、退院してしまったら2度と同じ先生に会えないかも、と思う方は持参してその場でサインをお願いするのがBetterかもしれません。

必要書類が揃ったらそれを大使館まで郵送または持参して、日本の役所で戸籍に反映されるのを待つのみです。

出生届
↑郵送で取り寄せた出生届などの書類。
アメリカにあるとはいえさすが日本の役所。
出生届をの申請書を郵送してから1週間で書類が届きました

書類の記入例、細かな説明は大使館のHPに詳しく記載されています(やはりアメリカとは違うな
お近くの大使館のHPをご参考にしてください。

在米日本大使館、出生届に関するページ
21:49 手続き | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。